健康診断を受けないということです。

ガンになりやすくすることがわかっています。

健康状態を決定しているのです。
つまり、内膜症や筋腫があっても、必ずしも症状に結びつくわけではないのです。
だからといって、「同じ病気なのに、なんで私だけがひどいめに……」などと思わないでください。
症状があるために病院に行き、きちんと診断を受けたということが、んが見つかったり、治療をしたことで妊娠することができた、実は大事なのです。診断を受けたことで早期がという人たちも多いのですから

子宮内膜症や子宮筋腫から、がんになることはありますか?

A子宮内膜症のひとつに、「卵巣チョコレートのう胞」というタイプがあります。これは0.5~1%の割合で悪性化して、卵巣がんになるという調査があります。したがって、このタイプの内膜症が見つかった場合は、できるだけ手術をして、チョコレートのう胞や卵巣を摘出する必要があります。
そのほかの内膜症については、とくにがんになるおそれはありません。
一方、筋腫は悪性に変わることはない、というのが現在の定説です。ただし、筋腫に似たようながんに、子宮肉腫というものがあり、筋腫だと思って手術をしたら肉腫だったという例もみられます(子宮肉腫については前のページコラム子宮肉腫参照)。
Q健康診断で子宮内膜症が見つかりました。次はいつ検査を受けたらよいのでしょう。子宮筋腫の場合はどうですか?
A最近は検査機器の発達で、健康診断を受けると子宮内膜症や子宮筋腫が見つかる頻度が増えています。

治療のため

老化にともなって起こりやすくなる
とくに症状がなくて、卵巣チョコレートのう胞ではない内膜症、しばらくようすを見ましょうということになると思います。
あるいは小さい筋腫の場合は、そのままその後の受診は、半年に1回が理想ですが、2~3㎝の筋腫がある人は3カ月に1回、た場合も、2年に1回はチェックをしたいものです。
何も見つからなかっ

月経中には受診しないほうがよいのですか?

Aそんなことはありません。実は、月経中のほうが子宮内膜症も子宮筋腫も状態がよくわかり、診断がつきやすいことが多いのです。たとえば月経痛がひどいときに診察をすると、子宮の収縮の程度や、どこがどのように痛むかが具体的にわかります。子宮筋腫なら、月経の量を調べることもできます。
もちろん、必ず月経中に受診しなければいけないというわけではないので、きに受診されてもかまいません。
気にされる方は、なにもないとQ子宮筋腫は急に大きくなることがあるのでしょうか?

A私が知っている範囲では、半年に直径1mぐらい大きくなるケースがまれにある程度で、2㎝というふうにいきなり大きくなることは、まずありません1カ月に1m.治療編QA法
逃げ込み療法ってなんですか?
もうすぐ閉経を迎える方が、手術をしないでホルモン療法を続け、といいます。
閉経を待つという方法を逃げ込み療閉経になれば子宮内膜症や子宮筋腫による症状が軽くなったり、おさまったりしますので、薬もやめられまこうした逃げ込み療法はタイミングが重要です。

治療脂肪肝は原因を取り除くことで治ります。

閉経間近だと思っていたのに、その後、5年も6年も月経があったという場合、長い間、何クールもホルモン療法を続けることになります(GnRHアゴニストは6カ月までしか使えないので、いったん投薬をお休みして、再開するということを繰り返します)し、しょう症などの副作用の問題も出てきます。日本人女性の閉経の平均は50歳といわれていますが、その時期は人それぞれなので、担当医とよく相談し、場合によっては手術に切り替えることも必要です。
Qホルモン療法で注意しておくことはありますか?
Aホルモン療法といっても、エストロゲンを低下させて、閉経のような状態にもっていく治療、妊娠のような状態にさせることで一時的に内膜組織や子宮筋腫を眠らせておく治療など、いろいろな種類があります。
てんび投与法も注射によるもの、飲み薬、点鼻鼻から薬を入れるがあり、あるもの、一定期間使用したあと、投薬休止期を設けるものもあります。毎日同じ時間に点鼻や服用の必要がご自身が行うホルモン療法について、いておくようにしましょう。

担当の医師からきちんと、その目的と、使用のタイミングについて聞また、ホルモンとはもともと私たちの体のなかでつくられて、働いている物質それを外部からあえて取り込むわけですから、さまざまな問題が出てくる可能性があります。各ホルモン薬の効果と問題点副作用については、前のページで説明していますが、ホルモン薬を飲んだり、点鼻したりするときは、定期的に診察をしてきちんと効いているか、副作用はおこっていないかなどを、チェックする必要があります。ホルモン薬を注射する場合は必ず病院に行くことになるので、定期的な診察が容易です。
私どもの外来では、2~3カ月に1回、必ず内診、経膣エコーによる検査を受けてもらっています。Q薬はいつまで続ければよいのですか?
A薬にはホルモン療法で使うもの、対症療法を目的に用いる鎮痛薬非ステロイド系抗炎症薬、漢方薬、不安やイライラなど精神的な症状が出てきたときに用いる抗うつ薬などがあります。ホルモン療法を行う際の治療期間については、前のページ以降でご確認ください。
ちんつうざ鎮痛薬の場合は、ごくあたり前のことですが、薬を飲まなければがまんできない痛みが出たときだけ飲んでもらいます。ほかの治療と併用しているときは、子宮内膜症や子宮筋腫が治れば痛みも出なくなりますからそうなったら飲む必要はありません。
病気とは言えないくらい軽い

細胞の足場を組み

ただし、ときどき、「治療をしたけれど痛みが出そうで不安。飲んでいると安心できる」という方がいらっしゃいます。そういう方には予防的に飲んでもらうこともあります。
抗うつ薬も鎮痛薬と同じで、月経前や月経中など、が出てきたら減量し、服薬を中止していきます。
症状があるときに限って飲んでもらい、ほかの治療効果漢方薬の場合も、いつまで飲むかについての決まりはありません。一般的に「漢方薬は飲み続けないといけない」というイメージがありますが、私の経験でいうと、漢方薬がすごくよく効いている方でも、3、4カ月ぐらい飲み続けていると、飲み忘れが増えてくるようです。実はこれ、東洋医学ではよい徴候ととらえています。薬を飲み忘れるようになったということは、「漢方薬の作用で体質が変わってきて、病気がおさまってきたしるし」で、薬を飲む必要がなくなったと考えられているためです。
ちょうこう治療編手術Q子宮の手術を受けた人は、お産のとき帝王切開になるってホントでしょうか?
A赤ちゃんを身ごもると子宮が大きく伸びます。
子宮を切る手術を受けていると、切った部分が弱くなっていて、子宮が伸びたときにそこが裂けてしまうおそれがあります。そのため、帝王切開のほうが安全で望ましいということになります。そして、一度、帝王切開をすると、出産するたびに帝王切開をすることになるのですが、基本的には同じところを切るので傷は増えません。
けいちつぶんべん具体的には、内膜症の手術では基本的に子宮を切らないので、その場合は経膣分娩も可能です。
うきょう腹腔鏡下あるいは開腹のときは子宮を切ってしまうので、帝王切開のほうがよいと子宮筋腫の手術では、思います。
照てきしゅつ粘膜下筋腫を子宮鏡下で摘出するような手術前のページ子宮鏡下手術子宮鏡下子宮筋腫核出術参では、帝王切開をしなくてもよい場合があります。
帝王切開をしたあと、2度めに経膣分娩をする方法を「VBAC(Vaginalbirthaftercesarean)」といいます。アメリカの産婦人科学会では20年以上前に推奨していた方法ですが、子宮破裂によるトラブルが非常に多いことがわかり、最近では緊急で帝王切開に切り替えができる施設で行うようになっています。私自身の考えではVBACは危険が伴う方法なので、おすすめできませんQ手術後どのぐらいで赤ちゃんを産めるようになりますか?
A子宮内膜症なら、いつからでも妊娠できます。子宮そのものを傷つけるわけではないので、早い時期から妊娠が望めます。

ストレスは少なからずありました。

子宮筋腫の手術をしている場合は、3~5カ月後ぐらいからになります。術後の回復状態などによって個人差がありますので、担当の医師に聞いてみるのがいちばんです。
手術ではありませんが、子宮内膜症、子宮筋腫いずれも、鎮痛薬や漢方薬で症状を抑えるだけの治療をしているときは、いつでも妊娠できます。また、GnRHアゴニストなど、ホルモン薬の治療をしている間は妊娠しないので、子どもを希望するときは投薬をお休みすることになります。そのタイミングについては、担当医に相談するとよいでしょう。

手術をしたあと、すぐに日常生活に戻れますか?

A手術の方法によって多少日数は変わってきますが、経過はほぼ同じです。
手術当日はそのままベッドで横になっていますが、翌日からは自分で歩くことができるようになります。腸が動き出していればガスが出ると、動いている証拠、流動食から食事を始めます。1.<2日後ぐらいからシャワーを浴びられるようになりますし、1、2週間後ぐらいからはお風呂にも入れるようになります(傷口を濡らさないように、専用のテープでしっかりと止めるなどします)。傷口がふさがり、痛みもなくなって日常生活がふつうに送れるぐらいまで回復したら退院です。
ろ入院期間の目安は、腹腔鏡下手術は551週間、開腹手術は1週間10日。
膣式は1週間前後、子宮鏡下は2日になります。ただ期間については施設によって異なりますので、「クリニカルパス(手術前から退院するまでのだいたいのスケジュールをまとめたもの)」をもとに、担当医や看護師に予定を聞いておくようにしましょう。
自宅に戻ってからは、がけてください。また、ふつうに生活をしてかまいませんが、しばらくは無理をせず、なるべくおなかに力を入れないようにしましょう。
疲れたら休むように心

子宮をとると女性ホルモンが出なくなり、更年期になるのでしょうか?

A子宮筋腫の患者さんで、年齢的なこと、すでに子どもがいるなどの理由で、子宮を全部摘出全摘することをすすめています。

治療のため

症状はあまり現れません。

妊娠を希望されない場合はしかし、そういうと、「女性ではなくなるのでいや」とおっしゃる方もいらっしゃいます。
性ホルモンが出なくなると心配されるためのようです。
子宮を取ると女基本的には、エストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンは、子宮からではなく、卵巣から分泌されます。したがって、子宮がなくなっても女性ホルモンは閉経まで分泌され続けますので、更年期症状が現れることはありません。
なお、私が子宮の全摘をしたほうがよいと思っている理由は、「子宮がんのリスクがなくなる」「月経がなくなるので、過多月経、月経痛といった月経困難症や、貧血などがなくなる」ためです。毎月、ひどい月経痛や過多月経に悩まされていた方からは、そういう不快な症状から解放されて気が楽になったという、前向きな話をよく聞きます。

Q治療が終わったあとも定期検査が必要ですか?
A子宮内膜症も子宮筋腫も、女性ホルモンのエストロゲンが悪さをしている病気です。したがってこのホルモンが分泌されている限り、つまり閉経を迎えない限り、再発することがあります。また、子宮筋腫のうち多発性である方は、手術後もすべての筋腫が取りきれていない可能性もあります。ですから、術後、あるいは薬物療法をひととおり終えた方でも、1年に1回ぐらいは通院して、診てもらったほうがよいと思います。

      治療はHRT漢方
      生活習慣病につながります。
      アレルギーって