治療も始まった。

老化に伴って

これはそんなケースです。息子は社会参加もせず無為·自閉の日々しかし母親は現状維持に甘んじるそれは異様な光景でした。
古い日本家屋で起こった火事。
その燃え上がる家から逃げ出してきた中年男性が、遠巻きに火事をながめて消火にあたっいた近所の人を、火をつけたな近寄るな!などとどなりながら、なぐりかかったのです。
ていた消防士にも、おまえはどこの手先だと、作業を妨害しようとしました。
母親らしい老婆がなんとかなだめようとしても、男性の錯乱状態はつづきました。
男性は真悟さんといい、このとき58歳83歳になる母親と二人暮らしでした。火事の原因は、真悟さんのタバコの火の不始末で、家は全焼しました。
真悟さんの言動があまりに常軌を逸していたため、警察が保護。
そこから、精神病院へ措置入院となりまし真悟さんを診断した精神科医は、統合失調症が慢性化した状態であると判断しました。
医師が母親から聞いた、これまでの事情は、次のようなものでした。
真悟さんは旧家の一人息子として生まれ、嘱望されて育ちました。特に父親の期待は大きく、しょくぼう真悟さんは偉くならなければならないというプレッシャーを強く感じていました。

元来内気で、友だちは少なかったのですが、成績はよく、名門大学を卒業後は、父親の縁故で大企業に就職しましたしかし、エリート社員として入社したものの、真悟さんは周囲の人とのずれを感じました。
ヤツだと言われているとも感じて疎外感を強めていきました。
話ができない自分の名前がのってい入社して4カ月後、同僚が新聞にのっていると笑いながら話しているのを聞き、ると思い込み、出社するのも苦痛になって退職してしまいました。
屋敷が広かったため、近所真悟さんは家にこもり、夕方になると大声をあげて騒ぐことがつづきましたが、にはなんとか知られずにすみました。
そんな父親も10年父親は息子に、「もう仕事はしなくてもいいから」
前に亡くなりました。
と自宅で過ごすようにすすめました。

薬が重要な役割を果しています。


細胞は死ぬことがなくなる。

>健康保険の対象になります風呂はめった真悟さんもいつしか一時期の激しさを失い、髪は数カ月に1度だけ老いた母に切ってもらい、に入らず、ひげは伸び放題、という異様な風体となっていました。
あとの36年間は社会参加をしないまま、結局、真悟さんはわずか数カ月会社勤めをしただけで、もって生きてきたのです。
家に引き母親は真悟さんのことを、精神病ではないかとうすうす感じていたものの、気が重いと、現状維持に甘んじてしまったといいます。
いまさら病院へ連れていくのも真悟さんは妄想が強く、「自分はいま超能力を獲得する途中にある。もう少したてば、る」と言ったりします。幻聴もあるようで、病室にいても独語が目立ちます。
宇宙の支配者になれほかの患者さんたちとは交流しようとせず、日々を送っています。
むくんだ顔で日に80本のタバコをひたすら吸うだけの無為な医師は、真悟さんの社会復帰はむずかしいと考えざるをえませんでした。

せっかく治療法があるのに受けないでいるとどうなるか

以前は悲観的に考えられた統合失調症ですが、いまは治療法があります。
治療には家族の協力も必要です。症状を見すごしたままでは、本人の可能性を奪うことにもなるかつて統合失調症は、途中で進行が止まることはあっても、結末の悪い病気だと、悲観的に考えられていました。

いずれは人格荒廃に至る予後病気の経過としかし現在では、薬物療法が進んでいますし、リハビリテーションなどを組み合わせることで、より効果が高まることがわかっています。つまり、けっして悲観的な病気ではなく、治療法はあるのです。改善が望めるのです。患者さんも、軽症の人が多くなっています。
ただ、残念ながらいまでも、治療を受けずに悪い経過をたどってしまう患者さんが、ケースの真悟さんも、そういったひとりです。
ままみられます。
この治療を受けない理由は、精神病と診断されるのがこわい世間体が悪い、る、治療をしても治らないと思い込んでいるなど、いろいろあると思います。
精神医療に不信感をいだいていただ、統合失調症の場合は、知っておいてください。
治療を受けないでいると、次のような問題が起こる可能性があることは、ぜひ症状が発展しかねないなかでも被害妄想のある患者さんは、症状がつづくと、周囲の人にも影響が及びます。
患者さんは、そのため家族などは、いわれ周囲の人に怒りが向けられることがあり、のない迫害を受けているという妄想から、の妄想に振り回されてしまいます。
そ精神が荒廃に至りかねない場合によっては、患者さんは人が変わったようになり、人格の荒廃が進んでしまう可能性があります。


うつは治せない

うつは誰でもなる

肩こりなども起こることがあります。かつて統合失調症は、慢性化すると、人格が荒廃する病気とされました。
治療法が発達した現在は、このような極端な状態に至るケースは少ないのですが、経過をたどることもありえます。
放置しておくと、悲惨な自殺が起こりやすい統合失調症の人の自殺は、発病から10年くらいの間に起こりやすいことが知られています。
幻覚や妄想が動機になることもあれば、厭世観による場合や発作的なものなど、さまざまです。
発病の時期にきちんと治療を受けさせ、本人を支えることが大切なのです。びょうしき統合失調症の患者さんは、自分では病気と思っていない場合が多く病識がない、自ら進んで受診するとはあまり望めません。
治療を受けるようにするためには、周囲にいる家族の協力が不可欠です。このケースの真悟さんも、両親が引きこもりを看過したため、治療を受ける機会を失ったまま、かんかすでに58歳になっています。
40年近くを無為に過ごした彼は、通常ならもう定年間近の年齢ですし、妄想や幻聴も形骸化したなりに持続しています。日常生活を営むためのスキルも覇気もすっかり失われています。いまから治療を開始して、リハビリをへて社会復帰をはかることはかなり困難でしょう。
母親に先立たれても、彼は自分ひとりでは生きていけないのです。
家族が病気に対して目をつぶってしまうと、ときに患者さんの可能性を奪ってしまう場合があるという意味で、参考になるケースだと思います。

統合失調症は、

こんな病気です。よくわからないと、こわいと思いがち。
なかなか病気は受け止められません。
先入観をもたず、向き合いましょう。
病気の実像を知ることは、療養生活の支えになります。自分の子ども(あるいは兄弟姉妹、け止められる家族は少ないでしょう。
ないかと疑う家族もいるでしょう。
ときには配偶者)に統合失調症という診断が下されて、それを冷静に受衝撃で押しつぶされそうになったり、診断に納得ができず、間違いでは統合失調症は、いったんなってしまったら治る見込みはなく、いずれは人格荒廃に至る、こわい病気。ホルモンの注射検査で肝機能統合失調症をそんなふうにみていれば、診断に衝撃を受けたり、認めたくないと思うのもやむをえないかもしれましかし、こういうときこそ家族には、病気に対する正しい知識や理解をもっていただきたいのです。
統合失調症の実像をきちんと知ることは、悲観的な先入観や偏見をとり払い、「克服すべきひとつの病患者さんにとって望ましい、気」として対処するときの支えになってくれます。
をつくるためにも大切です。
それは、落ち着いた治療環境統合失調症とはどんな病気か、知っておきたいポイントをみてみます。
発病には、いくつもの因子が組み合わさリます。統合失調症の根本原因は、まだ解明されてはいないのですが、いくつもの因子が組み合わさって、脳内に変調を起こすと考えられています。

★ひとつの因子は、病気におちいりやすいもろさです。母親の体内にいたときに、脳になんらかの障害ウイルス感染、分娩時外傷などを受けたり、病気と親和性の高い体質を備え、そこに負担心理的、社会的、身体的ストレスなどがかかって発病すると考えられます。
遺伝は、なんらかのリスク因子になります。統合失調症は遺伝病ではないのですが、父母のいずれかが統合失調症の場合、子どもの発病率は10~12%、両親とも統合失調症の場合はさらに高く48%程度で、一般的な有病率3、9%とくらべるとかなり高くなっています。
この発病率をみてもわかるように、遺伝的素因をもっていても100%必ず発病するわけでなく、ほかの複数の因子の関与が発病には必要となります。ときに病気の子どもを前に両親が、たがいに「自分の家系は精神病の血筋ではない」と言い争うことがありますが、こうした形で責任をなすりつけ合う行為はまったく不毛で★心理的な、あるいは社会的なストレスが重なると発病することがあります。ただし、遺伝などほかの因子が加わらない限り、ストレスだけで発病することはありません。なお、病気の再発にはストレスが影響します。特に家族や友人など、周囲の人との緊張関係は再発率を高めることが認められています。


薬物療法を行うことが多くなっています

★脳内にあるドーパミンという神経伝達物質が過剰に働くことも、発病にかかわると考えられています。このように、統合失調症が起こる原因はひとつではなく、いくつもの因子が組み合わさって発病するのです。から、単純な犯人探しは事実上意味をなしません。あのときに無理にがんばらせたのがいけなかったなどと悔やむ必要はないのです。
0脳の病気です。統合失調症では、脳の機能が混乱し、というより、脳の病気なのです。
働きがアンバランスになって失調状態になります。
つまり、心の病気脳内では、情報をやりとりするためにさまざまな神経伝達物質が分泌されていますが、その中のドーパミン(過剰になると興奮、神経過敏、集中力の低下などをまねく)が、統合失調症の発病にかかわるとされます。最近ではセロトニン(不足すると不安や意欲減退をまねく)も、この病気にかかわる物質として注目されています。また、前頭葉や大脳辺縁系に構造的な変化が起こる場合があることもわかってきています。

人に1人がかかる

ありふれた病気です。
一生の間で統合失調症になる有病率は、だいたい07%1%。100人に1人くらいの割合で発病する可能性があるわけで、これは脳血管性疾患やがんとほぼ同じようなレベルです。この数字は、世界中どの国でもまたどんな時代でも、ほとんど変わりません。統合失調症は、とんでもない奇病でも、特殊な病気でもなく一般的に考えられているよりもずっとありふれた病気なのです。
0若い年代に多く発病します。統合失調症を発症する年齢は、思春期から20代半ばに多く、30歳を過ぎてから発病したように見えるケースでも、詳しく調べてみるともっと以前から潜在的に症状があらわれていたことが多いようです。
統合失調症の始まりが、引きこもりうつにみえることはよくあります。どちらも若い人にはよくある状態のため、家族や周囲の人は病気とは思わず、見落としてしまいがちです。

細胞の働きを活発

治療についてこういう状態がみられたら統合失調症が始まっている可能性をもとりあえず考えておいたほうがよいでしょう。
治療は可能です。統合失調症は、とかく治療不能な病気と思われますが、有効な治療法はあります。
中心となるのは薬物療法です。
脳に起こっている神経伝達物質のアンバランスや機能失調を、薬によって改善するのです。
この薬物療法は、高血圧や糖尿病の治療と似ています。どちらも慢性疾患ですが、薬をきちんと飲んでいれば、ほぼ健康に生活できます。しかし、飲むのをやめてしまえば必ず悪化します。また、薬物療法にリハビリテーションを組み合わせると、治療効果がいっそう高まることがわかっています。

病気に早く気づくためのポイント

事前にあらわれるサインや、それにつづく妄想や幻聴統合失調症の特徴があらわれるポイントを知っておきましょう。
病気の前ぶれのような、サインがあらわれる時期があります。統合失調症も、早期発見·早期治療は回復への重要なポイントです。ただし、統合失調症は、がんや高血圧などの体の病気と違い、病気のレベルを示すはっきりした基準というものがなく、早期発見のための検査のようなものもありません。

そこで、気を配りたいのが病気が始まる前のサインです。
場合、前ぶれのような状態がみられるのです。
統合失調症は突然発症するわけではなく、多くの漠然とした不安感や違和感日常が不気味で不安に満ちたものに変化したように感じられ、本人の中では違和感や猜疑心がふくらんでいきます。眠れなくなる頭の中が混乱してまとまらず、そのため安心して眠れないようになります。心身の不調あせりや緊張などが強くなり、また頭痛や動悸、吐きけなど、体の不調身体感覚の変化もみられます。
このような前ぶれがある時期は、前駆期とも呼ばれます。前駆期にある人は、不安や不眠、心身の不調ぜんくなどのために、はた目には引きこもり
うつ
のようにみえることがよくあります。


ホルモンの注射 治療は手術と放射線療法が基本です。 薬剤を処方します。

薬は効かない

医師が患者さんの話を聞くことがいかに効果的

細胞の壊死
Q保存療法の手術を受けました。再発した場合はもう一度手術をすることになるのですか?また、何度でも手術を受けることができるのでしょうか?
A再発がわかった場合は、やはり再び保存手術をする可能性が高いといえるでしょう。その場合は、前回の手術でできた傷に沿って切るので、傷あとが増えることはありません。また、繰り返し手術を受けることはできます。もちろん、手術ではなく、薬による治療でも対応できますので、担当医にご相談ください。
病気に早く気づき、治療を始めることが大切です。統合失調症は治療を早く始めるほど、悪化を防ぐことができます。
しかし、専門医を受診せず放置すれば、回復はむずかしくなります。
初期に特徴的な引きこもりうつ状態、r自己臭症のケースと、きます。

初期治療を怠ったケースをみてい※本書でとり上げている29のケースは、特定の人物のものではなく、いくつかのモデルを組み合わせたものです。
名前もすべて仮名にしています。
引きこもり
と見すごされている大学生大学は休学状態。
単なる自室に閉じこもり、病気のためではないのでしょうか^悪口盗聴
にいら立ちひとりごとを言うように幸司さん20歳は、きびしい父親と、1歳下の妹、涼子さんがいます。
世間体を気にする過保護ぎみの母親、という家族環境で育ちました。
元来、引っ込み思案の性格で、小学校時代は友だちといっしょに遊ぶことができず、教師から指導を受けることもありました。中学時代は、たびたびいじめにあいました。人づきあいはますます苦手になっていきましたが、学校にはなんとか通っていました。

薬剤を処方します。

治療法が発達した現在
このころから、家では不安そうな顔をのぞかせるようになりました。夜、寝ているときに、るな!とおびえたような寝言を言い、「変な動物に食べられる夢を見る」とこわがりました。
来るな!
来極端な潔癖症になり、除菌ペーパーをいつも近くに置いて、に何回もふいたりすることもありました。
持ち物をだれかにいじられたりすると、神経質しかし、学業の成績はよかったため、人とうまくつきあえないことも、は受け止めず、将来に期待を寄せていました。
奇妙な行動も、両親はあまり深刻に高校は有名な進学校に進み、大学も、希望していた国立大学に合格しました。ところが、せっかく入学したのに、数カ月通っただけで、「級友からいやがらせをされる」と大学には行かなくなりました。
外に出かけることもめっきり減って、自分の部屋に閉じこもり、ほとんどの時間はパソコンに向かっているかぼんやりしているかで、合間に眠ったりしながらまとまりのない日々を過ごしています。しかも、窓に黒い遮光カーテンを引き、昼間でも部屋を真っ暗にしているのです。昼夜逆転の不規則な生活になっていますので食事も家族といっしょにはとらず、母親が部屋まで運んでいます。
父親は「引きこもりくらい、そのうち治るだろう」と意に介しません。仕事が忙しく、ほとんど家にはいないのですが、休日に幸司さんと顔を合わせると、日ごろの不満をぶつけるようにしかりつけます。
幸司さんはそれに反抗し、激しい言い争いになります。幸司さんは、特に音に敏感になっていて、ちょっとした物音を立てても、部屋のドアを開けてうるさい!
とどなります。そのため母親や涼子さんは、会話ひとつするにも小さなひそひそ声で話さなければなりませんたまに近くのコンビニに出かけても、「店員が自分の悪口を言う」「近所の人があとをついてきた。あれは自分を見張っていたんだ」と言い、その人物は電話に盗聴器をしかけて自分をつけねらっているのだ、と疑いをつのらせます。盗聴器なんてしかけられていないと、どんなに母親や涼子さんが説得しても、幸司さんは納得しません。
そのうち涼子さんは、兄がひとりでいるとき、だめだとかあっち行けなど、ぶつぶつとひとりごとを言っているのに気づきました。

薬で風邪を抑えるのは本末転倒日ごろ風邪をひきやすいかどう

しかし、そのことを母親に訴えても、「ひとりごとなんて、だれにでもある」と気にもしません。
両親は、いずれ幸司さんは大学に戻り、ゆくゆくは一流の企業に就職する、という望みを捨てられず、少し様子をみてみようと引き延ばしているうちに、1年以上が経過してしまっているのです。
もう兄が引きこもっているのは、対人恐怖のためなのか、それともノイローゼなのだろうか。そんな疑問が次々と浮かび、涼子さんは、答えの出ない迷路に迷い込んだような思いです。同時に、なんの対応もしない両親にも、やりきれない気持ちをいだくのです。

統合失調症が発症している可能性があります

現代社会を象徴するような引きこもり
ですが、実は統合失調症の始まりということも一刻も早い対処が必要です。
現状維持では悪化するだけ治療が急がれます。

  • 引きこもりの半分は統合失調症が原因!?
  • 引きこもりは、人間関係が希薄になっている現代を象徴する病理とされ、日本では、引きこもりの人が160万人以上(たまには外出する程度の人も含めると300万人以上)も存在するというデータがあります(NHK福祉ネットワーク調査·2005年)。
    しかし、社会現象になるほど多くはなかったものの、引きこもりは昔からあり、いうよりも、精神障害によつて引きこもっているケースは多数みられます。
    いまでも、社会的な影響と特に多いのが、統合失調症による引きこもりです。
    医師もいるほどです。

    医師が患者さんの話を聞くことがいかに効果的

    免疫反応として

    「引きこもりの半分くらいは統合失調症が原因」
    とするこのケース1の幸司さんも、特徴的な例だと思われます。
    によくみられる被害妄想や迫害妄想があるからです。
    そう考えられる理由のひとつは、統合失調症の人たとえば、「級友からいやがらせをされる」
    けられているなどの部分です。
    悪口を言われる
    近所の人につけねらわれる盗聴器がしか自分のことが悪意をもって街じゅうで噂されている、盗聴器や監視カメラで見張られている、は、統合失調症を示す典型的な訴えで、特に初期によくみられます。
    といった妄想ひとりでいるときに、ぶつぶつとわけのわからないことを言っているのも、る幻聴のせいではないかと考えられます。
    統合失調症の特徴的な症状であまた、このケースにはありませんが、それまではふつうに生活していた人が、急激に引きこもり、なったり、以前とは異質な服装や髪形になる場合なども、統合失調症である可能性が高いといえます。
    不潔にすぐ元に戻ると思い込みたい気持ちはないか?
    このようなケースで、まず家族がしなければならないのは、引きこもりがなんらかの精神障害特に統合失調症によるものかどうかを見分けることです。
    そのためには、本人を早く専門の精神科医に受診させる必要があります。それができないなら、家族だけでも専門医に相談することをおすすめします。最近は子どもの引きこもりの相談に、親だけが病院に来るケースは少なくありません。
    統合失調症は、治療を早く始めるほど悪化を防ぐことができますが、このケースでは、「もう少し様子をみてみよう」と、すでに1年以上が経過しています。このように、治療をしないまま放置すればするほど、回復はむずかしくなります。単なる引きこもりだろうと見すごしていると、病気はどんどん進行することになるのです。
    注意したいのは、親のほうに、うちの子は引きこもりにすぎないのだから、たい気持ちがないかということです。
    もうすぐ元に戻ると思い込み親にしてみれば、子どもが精神の病気だとは思いたくない、まして統合失調症と認めることなど、子どもに託していた夢をあきらめるに等しいのだから、とうてい認めたくないという気持ちが働くのかもしれましかし、そうやって問題を先のばしにしていても解決にはなりません。

    症状の総てを体感しました。

    このケースは、引きこもりが始まった1年余り前が発症の時期のようですが、あるいはもっと前であったこ妄想の兆候でとも考えられます。いじめ自体が、はなかったのか。極端な潔癖症は、被害妄想ではなかったのか。動物に食べられる夢
    単なる神経症だったのかどうか。
    は、こういったことも、見きわめる必要があると思われます。
    職場に慣れることができず、心身に不調をきたした新入社員うつ状態が統合失調症の始まりということも。
    専門医の診断が必要です。集中力を欠き、元気のない様子に上司や家族はうつ病を疑う佐枝子さん21歳は、高校時代はコツコツとまじめに勉強をする生徒でした。

    プでしたが、友人との交流もあり、良好な学生生活を送っていました。
    もの静かで目立たないタイ高校卒業後は専門学校でパソコンのDTP技術を習得その技術を生かして印刷会社に就職しました。
    佐枝子さんに異変が始まったのは、仕事について半年ほどして。最初、胸がビリッとしびれました。そのうち胸だけでなく、足や膝など、体のあちこちで起こるようになりました。
    ビリッとした感じは、キーボードを打っているときにも起こることがあります。しびれだけでなく、体じゅうが違和感に包まれているような気分もともなってきます。そのため仕事に集中できず、パソコンの前に座っていても画面をぼんやり見ているだけ、ということが多くなりました。
    まわりの先輩社員が、佐枝子さんは仕事が遅いとかミスが多いと言っているような気がします。

    老化に伴って

    細胞も同じように無限に分裂を繰り返す。

    た、上司の課長が、クビにするしかないとほかの社員とひそひそ相談している声も聞こえます。
    ま家に帰っても元気がなく、食欲もあまりないので、母親は心配して、職場の様子や、仕事のことなど、食事もそこそこに自分の部屋にこもってしまいます。
    いろいろ聞いてみるのですが、佐枝子さんは別に、なんでもない
    と言うばかりです。
    ビリッとするのがその合図そのうちにだんだん、だ私の中になにか得体のしれない力が入り込んでくる。
    と確信するようになり、こわくて眠れなくなりました。
    睡眠不足がつづくので、朝はぎりぎりまで寝ています。
    それでも「会社を辞めさせられてしまう」
    という不安から、なんとか出社していました。
    そんなおり、佐枝子さんの上司から家族に、佐枝子さんはうつ病の心配があるので、精神科で診てもらったほうがよいのではないかという電話がありました。
    佐枝子さんは慣れない仕事や職場環境で緊張し、疲れているように見える。集中力も欠けているようだ。上司からは、そんな説明もありました。
    理由もわからないまま、どんどん元気がなくなる佐枝子さんを心配していた母親は、病院の精神科に連れていくことにしました。
    職場での様子を聞き、佐枝子さんは受診をいやがりましたが、母から強くすすめられ、しぶしぶいっしょに出かけました。
    最初のうち佐枝子さんは、医師に対しても黙っていることが多く、要領をえませんでした。しかし、ぽつりぽつりと同僚や上司の何度かがクビになってしまう
    と訴え、通ううち、こんなことでは会社を聞こえることを語り始めました医師は佐枝子さんに、「環境が変わったことによるストレスもあるのでしょう。気力や体力が回復するまで休んで、仕事に備えるのも方法ですよ」と説明しました。一方、家族にはこんな説明をしました。
    佐枝子さんは統合失調症と思われますが、薬を飲みながら静養すれば回復できます。しばらく休んで職場に戻る準備期間をおいてから、復職しましょう。本人には、クビになるのではないかという不安があるようです。
    会社とも相談し、退職ではなく、休職扱いにしてもらったらどうでしょうかうつ病を疑っていた家族は、少し安心したのでした。

        免疫が残らない顆粒球
        ホルモンは男性にとってはとても重要です
        うつにもなりにくいもうひとつ